インプラント費用相場&クリニックNavi【東京編】 » 今のうちに知っておこう!インプラントの事前知識 » インプラント一回法と二回法の違い

インプラント一回法と二回法の違い

インプラントの手術では、一回法と二回法があります。その違いは手術の回数です。それぞれのやり方やメリット、デメリットを詳しく説明していきます。

インプラントの一回法とは?

一回法は、歯茎を一度のみを切開して、インプラント本体を埋入する外科手術です。

手術中にインプラント本体を埋め込むときに、一部を顎の骨の外に出しておきます。手術後は、インプラントと骨がしっかりとくっつくまで待ちます。1~6ヶ月ほどの安静期間後に、インプラントの一部を骨との結合や噛み合わせのチェックを行います。そのあとアバットメントを装着し、人工歯を被せます。

インプラントの一回法の
メリット・デメリットとは?

一回法のメリット

手術を一回しか行わないため、患者の体への負担が比較的少なく、治療期間も短いです。インプラントの部品が少ない場合があるため、費用を安く抑えられるのもメリットです。

インプラントの一回法のデメリット

外科手術が一回で済むことから、一回法を選びたい気持ちになりますが、口腔状態や治療部位によってはできない場合があります。

また、インプラント本体を顎の骨の外に出したままにしておくので、細菌感染のリスクが高くなたっり、トラブルが起きやすいです。医師の技術や患者のセルフケアが問われます。

インプラントの二回法とは?

二回法は二回の外科手術で、インプラント本体を挿入する方法です。一回目の手術で、インプラントを顎の骨に完全に埋め込んで、その上に歯茎を被せて縫い合わせます。

インプラントと顎の骨との結合を確認できたら、二回目の手術で歯茎を切開してインプラントの頭を露出させます。そこにアバットメントを取り付けて、人工歯をセットします。

インプラントの二回法の
メリット・デメリットとは?

インプラントの二回法のメリット

一回法は制限がありますが、二回法はほとんどの症例に適用できます。歯茎から露出がないため細菌感染のリスクが低いのもメリットです。

インプラントの二回法のデメリット

外科手術の回数が増えるので、体に負担がかかること、通院する回数が増えること、などがあります。インプラントを埋入したあと、3~6ヶ月の「治癒期間」を設けるため、治療完了までに時間がかかることも挙げられます。

では、自分はどちらを選べばよいの?

インプラント手術は一回法と二回法があります。自分に合う手術方法を選ぶために、医師に口腔内の状態を診てもらい、無理のない術式を選択することが大切です。カウンセリングの際に、自分が納得できる医師に疑問点などを聞いておくことが重要です。自分のニーズを合わせた上で、きちんと相談してから選びましょう。

インプラント費用が安いクリニックNavi【東京編】

東京日本橋デンタルクリニック

東京日本橋デンタルクリニック
引用元
東京日本橋デンタルクリニック公式HP
https://meikeikai-dental.com/
インプラント費用(1本)
25万円(税別)
  • 初診
    無料
  • 痛みが
    少ない
  • すぐ
    できる

代々木駅前歯科

代々木駅前歯科
引用元
代々木駅前歯科公式HP
https://y-e-s.net/
インプラント費用(1本)
27万円(税別)
  • 初診
    無料
  • 痛みが
    少ない
  • すぐ
    できる

はらだ歯科クリニック

はらだ歯科クリニック
引用元
はらだ歯科クリニック公式HP
http://www.harada-shika.jp/
インプラント費用(1本)
31万円(税別)
  • 初診
    無料
  • 痛みが
    少ない
  • すぐ
    できる

管理人のオススメコンテンツ

管理人[インプラント費用相場&クリニックNavi編集部]についてはコチラ

インプラントの費用相場はどのくらい? 約30万円~が一般的です
イメージ

自由診療であるインプラントは、各クリニックごとに自由に料金が設定されます。しかし、使用されるインプラント体や上物などによって、だいたいの相場は決まってくるものです。インプラントの費用の決まり方やその内訳、独自の調査で調べたインプラントの費用相場をご紹介していきます。

インプラントは医療費控除になる? なります

医療費控除とは年間10万円以上の医療費を使用した場合に、一部が返還される制度です。自由診療であるインプラントも、この制度を利用することができます。詳しい制度の内容や利用方法についてまとめました。

前歯のインプラント治療 費用相場:37万円~
前歯の治療

前歯は審美性が重要視され、また骨が薄く、上顎洞(じょうがくどう)との距離が近いため、高い技術力が必要とされる治療です。東京でおすすめのインプラントのクリニックを紹介していきます。

奥歯のインプラント治療 費用相場:36万円~
奥歯の治療

奥歯は特に力がかかる部位のため、骨とインプラントがきちんと生着する必要があります。そのためには、それなりの技術が必要になります。東京でおすすめのインプラントのクリニックを紹介していきます。

ストローマン 費用相場:40万円~

70か国以上で利用されているストローマンインプラントメーカーです。SLA ACTIVE等の製品は、日本の厚労省からの認可もおりています。ストローマンインプラントの特徴や、東京で使用しているクリニックとその費用をまとめました。

ノーベルバイオケア 費用相場:37万円~

世界初の実用でインプラント。ブローネマルクシステムが有名です。現在はオールオン4などの即時荷重インプラント治療を普及しています。特徴や、東京で使用しているクリニックとその費用をまとめました。

オステム 費用相場:25万円~

韓国産のインプラント。アジア人の骨格に合わせた太く短いインプラント体が特徴です。オステムインプラントのメリットデメリットから、東京で扱っているクリニックを紹介します。

ジンマー 費用相場:34万円~

HA(ハイドロキシアパタイト)で有名なアメリカのインプラントメーカー。3i(スリーアイ)インプラントといった短いインプラントなど品ぞろえが多数あります。特徴や提供しているクリニックとその費用を紹介していきます。

ZIRKOLITH 費用相場:34万円~

「Z-SYSTEMS」で有名なインプラントメーカーです。ジルコニアという、金属アレルギーの方でも可能なインプラント体の製品を扱っています。東京で取り扱いのあるクリニックも紹介してますので、ぜひ見てみて下さい

バイオホライズン 費用相場:30万円~

レーザーロックという特殊な表面処理により、歯肉と結合し細菌の侵入を防ぎ骨吸収を防止するのが特徴。東京で取り扱いのあるクリニックも紹介してますので、ぜひ見てみて下さい

東京の納得できる
インプラントクリニックを厳選

インプラント

「指導医」「治療の保証」「明確な料金」の3点を踏まえ、信頼して任せられる東京のインプラントクリニックを調べました。
自分が納得できる治療を受けるための方法を紹介します。

share
Twitter
Facebook