インプラント費用相場&クリニックNavi【東京編】 » 今のうちに知っておこう!インプラントの事前知識 » インプラントとブリッジ・入れ歯の比較

インプラントとブリッジ・入れ歯の比較

不幸にして歯を失ってしまった場合の治療方法は、大きく分けて3種類あります。インプラント、ブリッジ、入れ歯で、それぞれに費用や治療の手軽さ、そして満足度に違いがあります(下記参照)。インプラントの場合は費用は高額ですが満足度が1位で、ブリッジや入れ歯は保険診療が可能で、手術の必要はありませんが、満足度はインプラントより低くなっています。その理由はどのようなところにあるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

施術 費用 手軽さ 満足度
インプラント 自費診療のため高額 外科手術が必要(入院の必要はない) 85.2%
ブリッジ 保険診療が可能で安い 手術の必要はないが、隣接する歯を削る 60.0%
入れ歯 保険診療が可能で安い 手術や歯を削る必要はない 44.8%

参照:独立行政法人国民生活センター「あなたの歯科インプラントは大丈夫ですか」

メリットとデメリットの比較

インプラント

メリット

インプラント治療の大きなメリットは、よく噛めるということです。ある調査によれば、天然歯の90%程度の力で噛むことができますから、ほかの治療と比較すれば、とても優れています。また、長期間使用できることもメリットです。10年間使用し続けられるのは95%以上との報告もあり、20年以上使用している人珍しいことではありません。ブリッジや入れ歯治療では、保険診療の場合、概ね5年程度で不具合が出ることもあるので、インプラントがいかに長持ちするかがわかると思います。

デメリット

インプラント治療には、ほかの治療と同様にデメリットも存在します。大きなデメリットとしては、手術の必要性があげられるでしょう。日帰りですが、外科手術は避けられず、症状によっては数回必要になることもあります。そして、もう一つの大きなデメリットは費用です。ほとんどの場合健康保険外の治療になりますので、数十万円、失った本数によっては数百万円の費用がかかってしまいます。

インプラントに関するアンケートから見た分析

国民生活センターが500人に実施したアンケート結果から、インプラント治療に満足な点、不満な点を見ていきましょう。

まず、満足な点の1位は「よく噛める」で65.4%の人が満足しています。2位は「歯がきれいに見える」37.0%、3位は「異物感が少ない」35.4%となっています。1位に関しては、インプラントの最大の特徴と言ってよいことで、ほかの人工歯よりも噛めることは広く認められています。2位に関しては機能性だけではなく、審美的にも満足しているという結果です。3位では、特に入れ歯と比較して異物感が少ないと評価されることが多いです。

4位は歯の「手入れが楽である」32.2%、5位は「手術や予後が思ったより痛くなかった」29.8%となっています。4位の理由としては、入れ歯との比較と思われます。入れ歯は取り外して清掃するのに対しインプラントは固定式ですから、セルフメンテナンスでは普通の歯磨きと同じです。5位は痛みの感覚は個人差がありますので、一概には言えないかもしれません。

不満な点としては、「治療費が高額」が37.0%で1位と最も高いです。それ以下は「人工の歯が欠けた、折れた」6.4%、「一度は固定されたがぐらついてきた」6.2%、「思ったほど噛めない」4.4%、「インプラントが露出してきた」4.2%という結果です。

2位以下は、受けた治療自体の問題と思われます。何よりも、インプラントへの不満が「治療費が高額」ということが断然多いということが注目点だと思います。インプラントに対して「不満」「どちらかといえば不満」と思う人は6.4%でした。

ブリッジ

メリット

ブリッジのメリットは、保険診療で安価に治療できる点です。保険診療は使用する補綴物に制限はありますが、2万円から3万円程度となっています。また、手術をする必要がないこともメリットといえるでしょう。

デメリット

大きなデメリットとしては、隣接している健康な歯を削り、被せものをしなければならないことです。また、人工歯を支えるのがほかの歯になりますので、健康な歯に負担がかかるというデメリットもあります。

アンケートでの不満の割合

ブリッジ治療に対しての「不満」「どちらかといえば不満」と思う人は15.6%でした。

入れ歯

メリット

入れ歯治療のメリットは、ブリッジと同じく保険診療ができることです。部分入れ歯や総入れ歯など種類によりますが、数千円から数万円の費用で治療できます。また、取り外し式ですから、清掃性に優れているというメリットもあります。

デメリット

大きなデメリットは噛む力です。総入れ歯の場合には天然歯の30%程度といわれています。また、審美性もほかの治療に比べて低いといわれていて、部分入れ歯の場合、クラスプという隣接する歯に引っ掛ける金具が見えてしまうことも多いです。

アンケートでの不満の割合

入れ歯治療に対しての「不満」「どちらかといえば不満」と思う人は28.3%でした。

無歯顎の場合のインプラントと入れ歯の比較

無歯顎(むしがく)とは、上顎か下顎で全ての歯を失った状態のことです。このような場合には、ほかの歯を支柱とする部分入れ歯やブリッジはできません。選択肢は、総入れ歯かインプラント治療のなかでもオールオン4、オールオン6などになってしまいます。この章では、この2つの治療についてメリットやデメリット、費用などを解説していきましょう。

総入れ歯

メリット

総入れ歯のメリットは、前述したように治療費用が保険診療で低価格であることです。症状によって違いますが、2万円程度で治療できます。また、取り外し式というのも清掃性に優れ、特に高齢者の方には好まれることもあるようです。

デメリット

総入れ歯の大きなデメリットは、異物感、違和感、痛みなどを感じることです。ほとんどの方が初期には感じるといわれています。殆どの場合入れ歯を調整していき、慣れてしまえば快適に使用できるのですが、一部の方は違和感が拭えない場合もあります。また、噛む力は、前述したように天然歯の30%程度との調査もあります。

オールオン4・オールオン6

メリット

オールオン4は片顎4本のインプラントで連結された人工歯を支える治療方法です。6本入れる場合をオールオン6といいます。最大のメリットは、固定式なので、よく噛めること、そして、異物感や違和感などが少ないということです。総入れ歯と比較すれば、多くの人がよく噛めて違和感が少ないと感じているようです。その原因は人工歯の支持方法で、総入れ歯は粘膜(歯茎)だけで支えているのに対して、オールオン4は顎骨に埋入されたインプラントで、しっかりと支えられているからです。

デメリット

大きなデメリットとしては、やはり費用です。オールオン4は通常のインプラントを無歯顎状態に埋入するよりは、低価格で済みますが、片顎で200万円前後かかるといわれています(症状や歯科医院によって異なります)。また、総入れ歯と違い、外科手術が必ず必要ですから、身体への負担も考えておく必要があります。

インプラント費用が安いクリニックNavi【東京編】

東京日本橋デンタルクリニック

東京日本橋デンタルクリニック
引用元
東京日本橋デンタルクリニック公式HP
https://meikeikai-dental.com/
インプラント費用(1本)
25万円(税別)
  • 初診
    無料
  • 痛みが
    少ない
  • すぐ
    できる

上條歯科医院

上條歯科医院
引用元
上條歯科医院公式HP
http://www.e-kamijo.com/
インプラント費用(1本)
40万円(税別)
  • 初診
    無料
  • 痛みが
    少ない
  • すぐ
    できる

新宿新都心口腔外科クリニック

新宿新都心口腔外科クリニック
引用元
新宿新都心口腔外科クリニック公式HP
http://www.shintoshin-implant.com/
インプラント費用(1本)
43.24万円(税別)
  • 初診
    無料
  • 痛みが
    少ない
  • すぐ
    できる

管理人のオススメコンテンツ

管理人[インプラント費用相場&クリニックNavi編集部]についてはコチラ

インプラントの費用相場はどのくらい? 約30万円~が一般的です
イメージ

自由診療であるインプラントは、各クリニックごとに自由に料金が設定されます。しかし、使用されるインプラント体や上物などによって、だいたいの相場は決まってくるものです。インプラントの費用の決まり方やその内訳、独自の調査で調べたインプラントの費用相場をご紹介していきます。

インプラントは安い方が良い? 安いだけではいけません!

インプラントも安い方が良いことに変わりはありませんが、安いだけではいけません。東京の中で、「学会所属の指導医がいる」「インプラントの保証がある」「HPで料金を公開している」クリニックの中から、オススメのクリニックをピックアップしています。

インプラントは医療費控除になる? なります

医療費控除とは年間10万円以上の医療費を使用した場合に、一部が返還される制度です。自由診療であるインプラントも、この制度を利用することができます。詳しい制度の内容や利用方法についてまとめました。

前歯のインプラント治療 費用相場:37万円~
前歯の治療

前歯は審美性が重要視され、また骨が薄く、上顎洞(じょうがくどう)との距離が近いため、高い技術力が必要とされる治療です。東京でおすすめのインプラントのクリニックを紹介していきます。

奥歯のインプラント治療 費用相場:36万円~
奥歯の治療

奥歯は特に力がかかる部位のため、骨とインプラントがきちんと生着する必要があります。そのためには、それなりの技術が必要になります。東京でおすすめのインプラントのクリニックを紹介していきます。

ストローマン 費用相場:40万円~

70か国以上で利用されているストローマンインプラントメーカーです。SLA ACTIVE等の製品は、日本の厚労省からの認可もおりています。ストローマンインプラントの特徴や、東京で使用しているクリニックとその費用をまとめました。

ノーベルバイオケア 費用相場:37万円~

世界初の実用でインプラント。ブローネマルクシステムが有名です。現在はオールオン4などの即時荷重インプラント治療を普及しています。特徴や、東京で使用しているクリニックとその費用をまとめました。

オステム 費用相場:25万円~

韓国産のインプラント。アジア人の骨格に合わせた太く短いインプラント体が特徴です。オステムインプラントのメリットデメリットから、東京で扱っているクリニックを紹介します。

ジンマー 費用相場:34万円~

HA(ハイドロキシアパタイト)で有名なアメリカのインプラントメーカー。3i(スリーアイ)インプラントといった短いインプラントなど品ぞろえが多数あります。特徴や提供しているクリニックとその費用を紹介していきます。

ZIRKOLITH 費用相場:34万円~

「Z-SYSTEMS」で有名なインプラントメーカーです。ジルコニアという、金属アレルギーの方でも可能なインプラント体の製品を扱っています。東京で取り扱いのあるクリニックも紹介してますので、ぜひ見てみて下さい

バイオホライズン 費用相場:30万円~

レーザーロックという特殊な表面処理により、歯肉と結合し細菌の侵入を防ぎ骨吸収を防止するのが特徴。東京で取り扱いのあるクリニックも紹介してますので、ぜひ見てみて下さい

東京の納得できる
インプラントクリニックを厳選

インプラント

「指導医」「治療の保証」「明確な料金」の3点を踏まえ、信頼して任せられる東京のインプラントクリニックを調べました。
自分が納得できる治療を受けるための方法を紹介します。

share
Twitter
Facebook